WinUI 3.0とProject Reunion【UWP】

Microsoftの開発者向けカンファレンスである Build 2020 でUWPアプリのUIに関するロードマップが示されました。それがProject Reunionです。ここでは、Project Reunionについて現在わかっている情報を説明していきます。

今までのUWPアプリのUI

WindowsアプリケーションのGUIとしては従来からWindows FormsとWPFがありましたが、Windows 8で登場したストアアプリではGUI用の新たなAPIが用意され、その流れをくむWindows 10のUWPアプリでもベースとなるWinRT APIでGUIが用意されていました。

ただし、OSに結びついているWinRT APIでは柔軟にGUIの新機能を取り入れることができなかったため、UWPアプリのGUI部分がOSから切り離されて提供されるようになりました。それがWindows UI Library (WinUI)です。現在のバージョンはWinUI 2.0で、あくまでもWinRTのGUI部分を補助する形で提供されています。

また、Xaml Islandsという技術を使うことで、UWPアプリで用いられるようなモダンなUI部品を従来のWin32アプリでも用いることができるようになっています。

以上のことをまとめると、現在のUWPアプリのGUIとWinUI 2.0は下図のような関係になっています。

Windows UI Library Roadmapより抜粋

WinUI 3.0の登場とProject Reunion

今までのUWPアプリのGUIはOSと一体となったWinRT API (UWP XAML)によって構成されており、その補完的存在であったWinUIですが、WinUI 3.0からはこちらがUWPアプリのUIとして全面的に採用されるようになります。WinUI 2.xではWinRT API (UWP XAML)がベースにクラスライブラリが構築されていたのに対して、WinUI 3.0ではWinRT API (UWP XAML)から完全に独立しているので、従来のWin32アプリでもWinUI 3.0が使用可能になりすべてのWindowsアプリケーションのGUIの土台となるものになります。つまり、今までWindows Forms、WPF、UWPに分断されていたWindowsのGUIがWinUI 3.0に統合されることとなるということで、これがProject Reunionです(Windows Forms、WPFがなくなるわけではありませんが…)。

このことをまとめると下図のようになります。

Windows UI Library Roadmapより抜粋

また、従来のWinUI 2と新しいWinUI 3との関係は下図のようになります。

Windows UI Library Roadmapより抜粋

WinUI 3.0の最新情報

WinUI 3.0のロードマップ

WinUI 3.0開発のタイムラインは下図のようになっています。

Windows UI Library Roadmapより抜粋

WinUI 3.0のドキュメント

現在はWinUI 3.0のプレビュー版が公開されています。WinUI 3.0のドキュメントは以下をご覧ください。

関連記事・スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です