UWPアプリの公式広告プラットフォームの廃止

androidでもiOSでも、そしてWindowsでもフリーアプリの収益化のための広告プラットフォームが用意されています。androidやiOSで優秀なフリーアプリが多くあるのは、このような広告プラットフォームで広告が供給されているおかげというわけですね。

しかし、WindowsのMicrosoft公式の広告プラットフォームが今年の6月1日で終了予定となってしまっています。

自分の開発しているLife Story 365やRadOnc CalcでもMicrosoftの広告プラットフォームを使っているので、どうしようかと思っているのですが…

広告プラットフォームとUWPアプリ

UWPアプリのMicrosoftの公式広告プラットフォームが廃止されること自体は数か月前から言われていたのですが、まだ時間があったので、「そのうち代替え手段が出てくるだろう」と軽く考えていたのですが、そのようなことはなく今に至ってしまいました。というか、話題にすらならずにという状況ですよね。

個人的には、昔からMicrosoft系のプログラミング言語を使っていた関係もあり、UWPアプリが盛り上がってくれると嬉しいのですが、そもそもUWPがどうなるのかという話も出てきてしまって心配な限りですね。個人的にはUWPに期待していて、Windows phoneとかも買っていたのですが、そもそもプラットフォームが消滅してしまいましたし… (笑)

Microsoftの開発者カンファレンスのBuildが5/19からオンラインで行われるので、そこで何らかの発表があるのでしょうか?何とかUWPに粘ってほしいところですが。

代替えの広告プラットフォーム?

代替えの広告プラットフォームになりそうなものには次のようなものがあります。

これが代わりの広告プラットフォームとして使えるのか、それともほかのマネタイズの方法を考えないといけないのか…

関連記事・スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です