Figure クラス

Figure クラス (matplotlib.figure モジュール)

[APIドキュメント]

class Figure(Artist)

すべてのプロット要素の中の最上位のコンテナです。

インスタンスメソッド

add_subplot(*args, **kwargs)

@ [APIドキュメント]

add_subplot(nrows, ncols, index, **kwargs)
add_subplot(pos, **kwargs)
add_subplot(ax)
add_subplot()

  • 引数
    • *args
      • nrows, ncols, index : <int>
      • pos : <int>
        • FigureオブジェクトのどこにAxesオブジェクトを追加するかを定めます。
        • 例えば、Figureオブジェクトを2行、3列に区切って、左上から右下に向かってカウントしたときに4番目の位置にAxesオブジェクトを配置する場合は、以下の2通りの指定の仕方があります。
          • nrow = 2, ncols = 3, index = 4
          • pos = 234 (この場合は、10以上の数を指定することはできません)
      • ax : 既存のAxesオブジェクトをFigureオブジェクトに追加します <Axes>
    • **kwargs
      • others : Axesクラスの設定項目(プロパティ)を指定できます
  • 戻り値
    • return : 追加されたAxesオブジェクト <Axes>

Figureオブジェクトのプロット配列の1つとして、Axesオブジェクトを追加します。Axesオブジェクトが引数に指定されていない場合は、新規作成されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です