matplotlib.colors モジュール

matplotlib.colors モジュール

[APIドキュメント]

matplotlibにおける色の指定方法について

@

matplotlibでは以下の方法で色を指定できます。
色として指定した値のデータ型に基づいて、自動的に以下のどの色の指定方法かが解釈されます。

RGB / RGBAで指定

  • 0~1.0の間のfloatのタプルで指定します。
  • タプルの要素数が3つの時はRGBとして解釈されます。
    • 例:(0, 0, 1) -> 青
    • 例:(0, 1, 0) -> 緑
    • 例:(1, 0, 0) -> 赤
    • 例:(0.5, 0.5, 0) -> オリーブ色
  • タプルの要素数が4つの時はRGBAとして解釈されます。(4つ目の値がアルファ値になります)
    • 例:(0, 1, 0.5, 0.1)

グレースケールで指定

  • 0~1.0の間の文字列で指定するとグレースケールとして解釈されます。
  • この時、グレースケールを表す数値は数値型<int / float>ではなく、文字列型<str>で指定することに注意してください。
    • 例:’0.5′

16進数表記で指定

  • HTMLカラーコードなどで用いられる16進数表記の文字列で指定します。
    • 例:’#FFFFFF’ -> 白
    • 例:’#FFFF00′ -> 黄色
    • 例:’#0000FF’ -> 青

色名で指定

  • BASE_COLORS、CSS4_COLORS、TABLEAU_COLORS、XKCD_COLORSで定義されている色名を表す文字列で指定します。
    • 例(BASE_COLORS):’b’, ‘g’, ‘r’
    • 例(CSS4_COLORS):’black’, ‘green’, ‘blue’
    • 例(TABLEAU_COLORS):’tab:blue’, ‘tab:red’
    • 例(XKCD_COLORS):’xkcd:cloudy blue’, ‘xkcd:boring green’

クラス

グローバル変数

BASE_COLORS

@ [APIドキュメント]

  • matplotlibで使用可能な基本色と対応するRGB表記の一覧 <dict>

ここでは以下の色が定義されています。

../../_images/sphx_glr_named_colors_001.png
matplotlib 公式ドキュメント

cnames

@ [APIドキュメント]

  • matplotlibで使用可能なWebセーフカラーと対応する16進数表記の一覧 <dict>

CSS4_COLORS

@ [APIドキュメント]

  • matplotlibで使用可能なWebセーフカラーと対応する16進数表記の一覧 <dict>

ここでは以下の色が定義されています。

../../_images/sphx_glr_named_colors_003.png
matplotlib 公式ドキュメント

TABLEAU_COLORS

@ [APIドキュメント]

  • データ視覚化ツールTableauで用いられる色でmatplotlibで使用可能なものと、対応する16進数表記の一覧 <OrderedDict>

ここでは以下の色が定義されています。

../../_images/sphx_glr_named_colors_002.png
matplotlib 公式ドキュメント

XKCD_COLORS

@ [APIドキュメント]

  • matplotlibで使用可能なxkcdカラーと対応する16進数表記の一覧 <dict>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です