Binding クラス

Binding クラス (Microsoft.UI.Xaml.Data 名前空間)

[APIドキュメント]

public class Binding : BindingBase

継承:Object → DependencyObjectBindingBase → Binding

  • バインディング・ターゲットとバインディング・ソースを結び付けるバインディングを定義します。

プロパティ

Mode

@ [APIドキュメント]

public BindingMode Mode { get; set; }

  • バインディングにおけるデータの方向を取得・設定します。
  • デフォルトは”OneWay”で、バインディング・ソースを変更するとバインディング・ターゲットは更新されますが、バインディング・ターゲットを変更してもバインディング・ソースは更新されません。

Path

@ [APIドキュメント]

public PropertyPath Path { get; set; }

  • ソース・プロパティへのパスを取得・設定します。